プロフィール

青い海と白い砂浜

Author:青い海と白い砂浜
『俺の生きる道』FC2ブログへようこそ!

「幸福とは?」を最大のテーマとして
随時ブログを更新していきます。
ヨロシクお願いします!!

ブログランキング

☆ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ banner_21.gif
   
いつも応援ありがとうございます!
皆様の応援クリックがブロガーに
とって何よりの励ましです♪
1日1回『ポチッ』とヨロシクお願いしま~す☆

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます!!

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

インフォメーション

俺の生きる道はリンクフリーです☆


☆お得情報☆

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

☆ランキングに参加してます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ banner_21.gif
  
いつも応援ありがとうございます!
皆様の応援クリックがブロガーに
とって何よりの励ましです♪
1日1回『ポチッ』とヨロシクお願いしま~す☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の住宅購入計画!!

いま俺は住宅の購入を計画している。

N子と出会って、お互い『小さくても良いから自分達の家を持ちたいね。』『出来れば海の近くに(これは仕事等の関係で難しい)』と話し合ってきた。

ここ一年くらい色々な物件を見てきたが場所的な事や金額・建物の造りや方角等でなかなか気に入った物が無かった。

一枚のチラシから始まり、ようやく俺たちの一つの大きな夢が実現しそうだ!

まだ不動産屋さんと話している段階で、これから銀行で融資の話し合いをしたり大変だが、何としても夢を叶えるため頑張っていこう!!

俺よ!頑張れ!!


ブログを見てくれた全ての方に更なる幸せがおとずれますように

日本最大級のブログランキングサイトにほんブログ村です
    
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ランキングに参加しています。
良かったら『ポチッ』と、応援お願いします
               
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ    にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

あの頃の二人には戻れない。。。

君も俺と同じ空を見ているのだろうか?

あのぬけるような青い空を見あげて何を思うだろう・・・
あの満天の星空を見あげて何を思うだろう・・・

あの海で何度も会った時と同じ気持ちでいてくれてるのだろうか?

あの頃の君はどこへ行ってしまったの?
もうあの頃の二人には戻れないのだろうか?

初めて会った時、小走りに走ってきた君の笑顔
今でもハッキリと覚えてる 。

もう二度とあの頃の笑顔は見れないの?

何がいけなかったのだろう?
もう二度とあの頃の笑顔は見れないの?
もう二度とあの頃二人には戻れないのだろうか?


テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

運命の出会い 5

【前回のあらすじ】

俺の生まれはK県。小中高と地元で過ごした。
そして会社も高校を卒業して、地元の大手会社に就職した。

俺はずっと地元から離れた事は無かった。
就職から数年後、隣のS県に新工場が出来て俺は立ち上げをかねて移動となった。

当時は俺はN子の事など知るよしも無かった。
職場がK県からS県に移動(通い)、偶然の間違い電話の相手がS県在住。
もっと遠く離れていると思っていたのに・・・俺はN子との出会いに運命を感じた。。。


【運命の出会い 5】

俺たちは偶然の間違い電話で知り合い、メールの交換が始まった。

はじめは趣味の話とか、好きな食べ物や飲み物の話、誰に似てる?とか誰もがするような普通の内容で楽しくメールを続けていった。

何日かメールをしているうちに、N子は何かに悩んでいるのではと思うようになってきた。
俺はN子のメールに少しづつ変化を感じ始めた。

その後も俺とN子はメールを続け、変化の原因は少しづつ分かり始めた。。。


Nメール:『・・・ごめんなさい、実は私結婚しているの・・・』

俺メール:『そうだったんだ・・・子供はいるの?・・・』

Nメール:『2人・・・』


N子は若くして結婚をし、ご主人と2人の娘さんの4人で暮らしていたのだ。
俺はN子とのメールはやめた方が良いのでは・・・N子に迷惑をかけたらいけないと思ったのだ・・・


俺メール:『メールやめた方が良いかなぁ?・・・』

Nメール:『・・・』

俺メール:『どうした?・・・』

Nメール:『・・・』

俺メール:『どうした?何かあったの?』

Nメール:『・・・聞いてほしい事があるの・・・』


N子は何年も何年も胸に詰まった、誰にも話す事が出来なかった辛く悲しい悩みを語り始めたのだった。。。

                                  【つづく】







テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

運命の出会い 5

【前回までのあらすじ】

諦めかけていた間違い電話の女性Nからのメールが届いた。

Nメール:『いいよ・・・でも少し怖い・・・』

これがNからの初めての返事であった。
その後Nは、俺になぜメールしようと言ったのか質問してきた。

俺メール:『なぜか不思議な感じがして・・・このまま終わりにしては駄目だと思ったんだ。』

Nメール:『そう・・・でも何か怖い・・・』

Nからの返信メールはしばらく短い文章が続いた。

当時は俺はN子の事など知るよしも無かった。
職場がK県からS県に移動(通い)、偶然の間違い電話の相手がS県在住。
もっと遠く離れていると思っていたのに・・・俺はN子との出会いに運命を感じた。

間違い電話から始まった『偶然の出会い』が俺たちの『運命の出会い』となり、長い波乱万丈な旅が始まったのだ。。。


【運命の出会い 5】

その夜のメールは、もう少しだけ続き終わりにした。

俺メール:『じゃあ、これからもヨロシクね!』

Nメール:『ヨロシクお願いします。』

N子には何か不思議な出会いを感じたが、別の意味で何か感じるものもあった。
その【何か】はまだ知るよしも無かった。。。

俺は次の日、新入社員の子に携帯番号を確認させた。
昨日書いてもらったメモを見せところ、1桁番号が違っていた。
『はじめ君の彼女かと思った・・・おかげで恥をかいちゃったじゃないか!』
・・・でも俺は内心笑顔であった(^^)

その夜、俺は少しドキドキしながらN子にメールをした。

俺メール:『お疲れ様!仕事が終わっていま家に着いたよ。』

・・・しかし昨夜と同じく、しばらくN子からの返事が返ってこなかった・・・
1時間以上経ってからだろうか、ようやくN子からの返信メールが届いた。

Nメール:『お疲れさま』

俺は・・・また一言だけ?と一瞬思ってしまった。。。

                                 【つづく】

テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

運命の出会い 4

【前回までのあらすじ】

諦めかけていた間違い電話の女性Nからのメールが届いた。

Nメール:『いいよ・・・でも少し怖い・・・』

これがNからの初めての返事であった。
その後Nは、俺になぜメールしようと言ったのか質問してきた。

俺メール:『なぜか不思議な感じがして・・・このまま終わりにしては駄目だと思ったんだ。』

Nメール:『そう・・・でも何か怖い・・・』

Nからの返信メールはしばらく短い文章が続いた。
そして、間違い電話から始まった『偶然の出会い』が俺たちの『運命の出会い』となり、長い波乱万丈な旅が始まったのだ。。。

【運命の出会い 4】

俺たちの出会いはこうして始まった。

俺メール:『これからヨロシクね!』

Nメール:『こちらこそ宜しくお願いします。』

俺メール:『名前は何て言うの?』

Nメール:『・・・』

俺メール:『じゃあ、みんなから何て呼ばれてるの?』

Nメール:『N子とか、Nちゃん、あとはNかな・・・あなたの名前は?』

俺メール:『青い海だよ!N子さんはどの辺に住んでるの?』

Nメール:『S県だよ・・・青い海さんは?』

俺メール:『えっS県なんだ!俺はK県だよ!!』

俺は改めて、N子との出会いに何かを感じた!

俺の生まれはK県。小中高と地元で過ごした。
そして会社も高校を卒業して、地元の大手会社に就職した。

俺はずっと地元から離れた事は無かった。
就職から数年後、隣のS県に新工場が出来て俺は立ち上げをかねて移動となった。
そう!N子が住んでいるS県に移動になったのだ!!

当時は俺はN子の事など知るよしも無かった。
職場がK県からS県に移動(通い)、偶然の間違い電話の相手がS県在住。
もっと遠く離れていると思っていたのに・・・俺はN子との出会いに運命を感じた。。。

                                【つづく】                   




テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。