プロフィール

青い海と白い砂浜

Author:青い海と白い砂浜
『俺の生きる道』FC2ブログへようこそ!

「幸福とは?」を最大のテーマとして
随時ブログを更新していきます。
ヨロシクお願いします!!

ブログランキング

☆ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ banner_21.gif
   
いつも応援ありがとうございます!
皆様の応援クリックがブロガーに
とって何よりの励ましです♪
1日1回『ポチッ』とヨロシクお願いしま~す☆

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます!!

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

インフォメーション

俺の生きる道はリンクフリーです☆


☆お得情報☆

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

☆ランキングに参加してます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ banner_21.gif
  
いつも応援ありがとうございます!
皆様の応援クリックがブロガーに
とって何よりの励ましです♪
1日1回『ポチッ』とヨロシクお願いしま~す☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての恋愛 6

数週間後、友人NとA子は別れた。

その間俺は、A子と何度か会ったり電話で話したりした。
もちろんA子を励ますためであるが俺の心は複雑であった。
今思えば、会ったり電話で話すたびに雑談(N以外の話題)が増えていった。

NとA子が別れた後も俺はA子と会っていたが、友人TとNには内緒にしていた。
Nと別れたばっかりだったし。。。

いつしか俺とA子は付き合うことにした・・・と言うより自然とそうなっていった。

しばらくしてA子は『もうNとはダメなのかな・・・って思いだしてから、先輩(俺)ともしそうなったら良いな~って思うようになってたんだ』と話してくれた。

俺:『俺もずっと同じ気持ちだった。』
相談にのってる頃の複雑だった気持ちを初めてA子に話した。

2人は目を見合わせ・・・
俺:『そうだったんだ。俺たちすごく遠回りしてたんだな。』

A子はかすかに涙を浮かべていた。
2人の気持ちが初めて1つになった瞬間であった。
そして俺たちは今までの時間を取り戻そうとするかのように、いつまでも思い切り抱き合っていた。。。

                                      【つづく】





スポンサーサイト

<< 初めての恋愛 7 エピソード編 | ホーム | エサやりおばちゃん >>


コメント

ありがとう!
少しかっこよく(?)書いちゃったけど、この時はすごく嬉しかったよ。
近くにいたけど遠い存在のA子がようやく俺のそばに来たんだ!ってね。

何か切ない~。
彼女は青い海さんの内面に惹かれていったんでしょうね。相談していくうちに人間性や理想の男性像にHITしたのかなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。