プロフィール

青い海と白い砂浜

Author:青い海と白い砂浜
『俺の生きる道』FC2ブログへようこそ!

「幸福とは?」を最大のテーマとして
随時ブログを更新していきます。
ヨロシクお願いします!!

ブログランキング

☆ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ banner_21.gif
   
いつも応援ありがとうございます!
皆様の応援クリックがブロガーに
とって何よりの励ましです♪
1日1回『ポチッ』とヨロシクお願いしま~す☆

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます!!

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

インフォメーション

俺の生きる道はリンクフリーです☆


☆お得情報☆

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

☆ランキングに参加してます☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ banner_21.gif
  
いつも応援ありがとうございます!
皆様の応援クリックがブロガーに
とって何よりの励ましです♪
1日1回『ポチッ』とヨロシクお願いしま~す☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての恋愛 8 ーエピソード編Ⅱー

昨日書いた『初めての恋愛 7 エピソード編』を読み返したが、純粋だったと言うか、付き合いだしたばっかりだし、何かかわいいなって思った。


その後も色々エピソードがあったがそのうちの1つを書いておこう。

俺とA子は付き合ってからだいぶたち、俺たちはA→B→Cまで進んでいた。
(付き合ってお互い好きだったら普通だよね?)

ある日A子は俺の部屋に遊びに来ていた。
お菓子を食べたり、ジュースを飲んだり、何気ない会話もすごく楽しかったなぁ。

・・・で、イチャついてるうちに。。。

しばらくして突然階段を上ってくる足音が!
『トン、トン、トン・・・』

俺はあせった・・・
その時、俺とA子は仲良しの真っ最中だったのだ。。。

お袋は俺の名前を叫びながら階段をさらに上がってくる。

お袋:『青い海(俺)~!電話だよ~!!』

電話は1階にしかなかったので音に気が付かなかったし、お袋が1階から俺を呼ぶ声も聞こえなかったのだ。

すでにお袋は2階のドアの前まで来ている。

俺は思わず叫んだ!

俺:『開けるな!!わかったから絶対開けるなよ!!!』

その時の焦りは今後の人生を合わしてもトップクラスであろう。
まさに『危機一髪』であった。

急いで着替え1階へ・・・
そして電話を済ませ再び2回へ

A子:『大丈夫だった?』
俺:『大丈夫!心配ないよ!!』

(いま思うと、その時お袋にバレバレだったんだろうな(汗))

その後、俺たちは仲良しを再開した事は言うまでも無い。。。
                                 【つづく】





スポンサーサイト

テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

<< 週の始まりは。。。 | ホーム | 初めての恋愛 7 エピソード編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。